サイズ


風呂敷活用術

風呂敷にも幅広いサイズがあります。
大きさにより呼び方も変わりますが、単位としては
例えば100cm角のサイズで3巾(みはば)という呼び方があり、
これは普段あまり聞かない方も多いのではないでしょうか。

もちろん、大きさによって使い道も様々です。

特大サイズの風呂敷は、一番大きなもので約238cmの
七幅と呼ばれる寸法のものです。

 

特大

これは布団ならば2組分を収納する事が可能です。

特に羽毛布団を収納するときには通気性の良い風呂敷で
包み保管しておくと羽毛が痛みにくいといわれているため、
重宝している人も多いでしょう。

 

また、ダブルベッドの上かけにもぴったりなサイズなので、
季節に合った柄や色を楽しむことも可能です。

 

それより一回り小さな六幅と呼ばれるサイズもあり、
こちらも約205cmと特大サイズです。

 

布団を1組収納することが出来るため、来客用布団を
風呂敷で包んで保管したり、引越しの時に布団が
汚れないように持ち運ぶためにも活用することが可能です。

 

六幅より一回り小さな五幅になると、約180cmで
座布団6客ほどを収納する事が可能です。

 

親戚や友人らの来客が多い家庭では、使わない間の
収納に役立てることが可能です。

 

活用法


こたつの上かけにもぴったりなサイズなので、インテリアとしても
重宝されているのが特大サイズの特徴です。


風呂敷というとお弁当箱を包む程の小さな物をイメージすることが
多いかも知れませんが、このように用途によって様々なサイズが
ありますので、収納に困っていた物が案外風呂敷で代用できることもあります。


そのためインテリアにもアイデア次第で様々な使い道が
ありますので、幅広い活かし方を楽しめるのも風呂敷の魅力です。