結婚祝い

 

よく見かける

風呂敷は、贈り物としてもよく使われます。
お誕生日はもちろん、卒業祝いや結婚式、または
ご両親への感謝の気持ちなど、様々な場面で
活用することが可能です。


結婚祝いに風呂敷を贈る場合、慶事事なので
明るい色合いの柄やデザインがふさわしいでしょう。

 

ピンク色や赤色、昔から高貴な色として重宝されてきた
紫色などが結婚祝いにぴったりです。

 

また、結婚祝いとして嫁ぎ先の苗字を
風呂敷に名入れしてもらうのも喜ばれます。

まさか自分の名前が入っていると思われないので
より思い出深いプレゼントになることでしょう。

風呂敷は時代の流行にあまり左右されないため、
一度手に入れたら一生活用することも出来るのが魅力です。

 

友人などに気軽に贈る結婚祝いの場合は、モダン柄で
手ごろな価格のものが好まれます。

花びら

 

ある程度年齢が高い人が若い人や後輩などに贈る場合は
正絹などの高級感のある逸品を贈るのも良いでしょう。

 

風呂敷には様々なサイズがあるため、最初は
利用頻度の高い二巾と呼ばれる大きさが良いでしょう。

 

それよりも一回り程度小さい中巾の大きさならば
お弁当包みや袱紗代わりに活用することが出来るため、
特別な時だけでなく普段使いに活用することが出来ておすすめです。

 

収納場所にも困らないため、結婚祝いに風呂敷を贈ると
たいていは喜ばれるでしょう。


新郎新婦の名前やちょっとした似顔絵などをデザインに
入れてみたり、単純に二人の共通した好みのデザインを選んで
プレゼントとして贈っても良いでしょう。


また、反対に新郎新婦側が、列席者に風呂敷を贈られることも
最近では増えてきていますので、活用できるものとして
非常に便利なものだと言えます。